So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

福知山線事故 当時の支社長ら「不起訴不当」の議決(産経新聞)

 JR福知山線脱線事故で、運転士に精神的重圧を与える「日勤教育」が事故原因の一つになったとして、業務上過失致死傷容疑で書類送検され、不起訴になったJR西日本の橋本光人・大阪支社長(56)と三浦英夫・運輸部長(59)=ともに肩書は当時=について、神戸第1検察審査会は29日、「不起訴不当」の議決を公表した。

 議決は20日付。「起訴相当」の議決ではないため、法的拘束力を持つ「起訴議決」に至ることはない。

 2人については、県警が書類送検時に「刑事処分を求めない」という内容の意見を付与。神戸地検も「因果関係が立証できない」として不起訴にしたが、審査会は「再検討すべき」とした。

 申し立ては、事故で負傷した男性(23)が昨年10月に行った。この日は男性の母親(51)=兵庫県伊丹市=が記者会見し、「日勤教育がどれだけ運転士の心理的負担になるかを明らかにしてほしい」と話した。

 山根英嗣・神戸地検次席検事の話 「議決内容を検討の上、適切に対処する」

【関連記事】
「資料あれば報告書変わった」福知山線脱線で元事故調委員
「癒着体質」強い非難 事故調委の中立性疑問
JR福知山線で人身事故、3万8千人に影響 兵庫・宝塚
JR西歴代3社長「起訴相当」の議決要旨
脱線事故報告漏洩 JR西、ATS資料一部提出せず「脱線防げた事例」

<鳩山首相>普天間移設「5月末までに結論」を強調(毎日新聞)
まもなく引退!「500系のぞみ」ラストラン・ツアー登場(産経新聞)
「マンション投資より儲かる」携帯電話充電器マルチ商法(産経新聞)
<ベネッセ>進研ゼミ会員向けに携帯電話貸し出し ソフトバンクからのMVNOで(毎日新聞)
橋の補修中に足場ごと落下、2人死亡…熊本(読売新聞)

明石歩道橋事故 元副署長を強制的起訴へ 検察審が議決(毎日新聞)

 兵庫県明石市で死者11人を出した歩道橋事故(01年7月)で、神戸第2検察審査会は27日、神戸地検が不起訴とした県警明石署の榊和晄(さかき・かづあき)元副署長(62)=退職=を業務上過失致死傷罪で起訴すべきだと議決したと公表した。昨年5月の改正検察審査会法施行以降、検審が榊元副署長の起訴を求めるのは2回目。同法に基づき、全国初のケースとして今後、裁判所が指定した弁護士が榊元副署長を強制的に起訴することになる。

 27日付の議決では、榊元副署長は同署の警備本部副本部長として事故を予見できたのに、不十分な雑踏警備計画を理解せず、是正しなかったうえ、当日も歩道橋の状況を把握しなかったため、事故が発生したと指摘した。

 同罪の公訴時効は5年だが、同じ事件で同罪に問われ上告中の同署元地域官を共犯者と認定。刑事訴訟法の時効に関する規定に基づき、榊元副署長の時効は停止していると判断した。

 今回の審査では、市民から選ばれた審査員11人中8人以上が「起訴すべきだ」と判断した。今後、神戸地裁が指定した弁護士が県警や地検の捜査書類などをもとに起訴状を作成、公判請求し、公判で冒頭陳述や論告・求刑などを行う。検察が独占してきた起訴権限が市民によって初めて行使されることになる。

 榊元副署長は02年5月、当時の署長(07年に病死)ら11人とともに県警が書類送検。地検は榊元副署長や元署長らを不起訴としたが、遺族は2回にわたり2人の起訴を申し立てた。神戸検察審査会(当時)はいずれも起訴相当を議決したが、地検は2回とも不起訴にした。地検はこれまで、榊元副署長は事故防止に必要な一応の措置は講じており、注意義務違反は認められないとして不起訴としていた。

 遺族は検察審査会法改正を受けて昨年5月、榊元副署長の起訴を求めて3回目の申し立て。神戸第2検察審査会は同7月15日付で「国民感情として納得できない」と起訴相当を議決。地検は同9月30日付で「事故を予見できたとする新証拠は見つからない」として改めて不起訴とした。【吉川雄策】

 【ことば】明石歩道橋事故 01年7月21日夜、兵庫県明石市の大蔵海岸で開かれた花火大会の見物客が歩道橋(長さ約103メートル、幅約6メートル)上に滞留。折り重なるように倒れて子ども9人と高齢者2人の男女計11人が死亡し、けが人は今回の議決で183人と認定した。県警は明石署、市、警備会社の計12人を書類送検、神戸地検は現場責任者5人を業務上過失致死傷罪で起訴し、うち3人は有罪判決が確定した。1、2審とも有罪だった同署地域官と元警備会社支社長の2人が上告中。

 元地域官に対する刑事判決と県などを相手取った民事判決で神戸地裁は「署長と副署長は混雑状況を認識できたのに、地域官らに何ら指示をしなかった」と認定している。

 【ことば】改正検察審査会法 昨年5月21日施行され、検察審査会の議決に法的拘束力をもたせた。検察が不起訴とした事件について、検審が2度、起訴すべきだと議決した場合、自動的に起訴される。

 最初の審査で、検察審査員11人のうち8人以上が起訴すべきだと判断すれば「起訴相当」▽6人以上が不起訴は不当として検察に再捜査を求めた場合などは「不起訴不当」▽それ以外は「不起訴相当」と議決。起訴相当の場合、再捜査した検察が、再び不起訴とするか、原則3カ月以内に起訴しなければ再審査する。

 再審査では、弁護士が法律的な助言をし、検察官から意見聴取した結果、審査員8人以上が起訴すべきだと判断(起訴議決)すれば、地裁が指定した弁護士が検察官に代わって起訴し、公判で求刑などもする。一方、起訴すべきだとする審査員が7人以下の場合は、起訴に至らなかった議決となり、起訴されない。

【関連ニュース】
西松建設裏金:二階氏秘書を再び不起訴 検審議決受け再捜査も
西松建設裏金:自民2議員への献金、検察審が不起訴相当
浄水器虚偽販売詐欺:不起訴不当などの4人を起訴 /岩手
女子トイレ侵入:不起訴不当を議決−−一関検察審査会 /岩手
交通死亡事故男性不起訴:業務上過失致死容疑の男性、2度不起訴不当で起訴 /茨城

携帯充電器マルチで逮捕へ=虚偽説明で解約妨害−大阪府警(時事通信)
中3男子、飛び降り自殺か=マンション踊り場に靴−愛知(時事通信)
鳩山首相 参院選後に省庁再編の意向(毎日新聞)
<ペルー人一家>脳腫瘍長男のみ退去取り消し…東京地裁判決(毎日新聞)
小沢氏、神妙会見…強気な姿勢一転(読売新聞)

デイリースポーツ電子版発行へ=神戸新聞社(時事通信)

 神戸新聞社は25日、全額出資子会社のデイリースポーツ社が発行する日刊紙「デイリースポーツ」の電子版を2月1日から発行すると発表した。
 神戸新聞社によると、発行されるのは大阪版の紙面。毎日午前6時から、過去1週間分が読めるという。購読料は月1890円で、大阪版を宅配購読した場合と比べ4割ほど安い。2月28日までは無料で読め、3月1日以降有料となる。
 詳細はデイリースポーツ社のホームページhttp://www.daily.co.jp/で。 

第2次補正予算案 衆院本会議で与党3党などの賛成で可決(毎日新聞)
<訃報>土方与平さん=秋田雨雀・土方与志記念青年劇場顧問(毎日新聞)
臓器移植の新規登録者 4分の1が「親族優先」(産経新聞)
家族の大切さ感じて=劇「めぐみへの誓い」上演−東京(時事通信)
滋賀の名神高速で5台が多重衝突、5人重軽傷(産経新聞)

復元運行決定のSL「C61」、修復作業に向け搬出 群馬(産経新聞)

 JR東日本が走行可能な状態に復元することを決めた、群馬県伊勢崎市の華蔵寺公園遊園地に展示中の蒸気機関車「C61形20号機」を、さいたま市の車両工場に向けて搬出する作業が19日、行われた。

 C61形は国内に3両しか現存しない蒸気機関車。「20号機」は昭和24年に製造され、東北線などで活躍後、48年に現役を引退。49年から同遊園地に展示されていた。

 この日の作業では、運転室部分、台車部分など3つに切り離された総重量約100トンの車体を、クレーン車で引き上げたのち、トラックで搬送。大勢の鉄道ファンも見守るなか、約36年間過ごした公園と別れを告げた。

 JR東日本高崎支社によると、今後はさいたま市大宮区の大宮総合車両センターで、約1年かけて車体を整備。来年春以降、上越線高崎−水上間などで走行予定という。

 同遊園地の嘉藤昌宏園長は「男の子に大人気の車両だった。さびしい気持ちもあるが、往年の元気な姿を見せてほしい」と話していた。

【関連記事】
地中から「幻の鉄道トンネル」見つかる 大阪・柏原市
SLと新幹線が競演
国交相が機関士気分満喫 秩父のSL「動かしたい」
新潟駅〜えっ!0系?丸顔の新幹線からお化けイカまで
財政難で「デゴイチ」解体処分へ 鳥取・大山

日米同盟深化、年内に成果…安保50年で首相談話(読売新聞)
<米牛肉>危険部位混入 2施設の禁輸解除 農水、厚労省(毎日新聞)
「特捜部にも説明責任ある」…中井公安委員長(読売新聞)
在外公館の文書開示遅れ、やむを得ない…仙台高裁(読売新聞)
城ブーム!1000円高速乗り「歴女」参上(読売新聞)

4億円不記載、まず大久保被告に相談…石川容疑者(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、逮捕された石川知裕衆院議員(36)が東京地検特捜部に対し、土地代金に充てる現金4億円を同会の2004年分の政治資金収支報告書に記載しないことについて、公設第1秘書・大久保隆規被告(48)(公判中)に相談したと供述していることが、関係者の話で分かった。

 石川容疑者はその後、小沢氏に不記載の方針を報告し、了承を得たと説明しているという。特捜部は、小沢氏と石川容疑者、大久保被告の3人が共謀し、収支報告書に虚偽の記入をした可能性があるとみて調べている。

 同会の事務担当者だった石川容疑者は04年10月上旬、小沢氏から現金4億円を受け取り、同月中旬以降に、同会の銀行口座に分散入金。同月29日、この資金を使って、東京都世田谷区深沢の土地を購入した。

 関係者によると、石川容疑者は土地購入前、まず同会の会計責任者だった大久保被告と相談。小沢氏から提供された4億円を同会の04年分の収支報告書に記載せず、土地取得の登記も翌05年にずらす方がいいということになり、この方針を小沢氏に報告することになったと供述しているという。

 石川容疑者は、その後の同月下旬頃、小沢氏に不記載の方針を報告し、了承を得たと説明している。石川容疑者は04年分の収支報告書に、方針通りに4億円の収入を記載せず、土地を05年に買ったように装うため、土地の登記も05年1月にずらしていた。その結果、土地代金などの支出計約3億5200万円は05年分の収支報告書に計上された。

 また、石川容疑者は土地購入代金を調達する際、同会の手持ち資金では足りなかったため、大久保被告と2人で小沢氏に相談、その後、4億円を用意してもらったとも特捜部に供述している。特捜部は、石川容疑者が土地購入の資金繰りから収支報告書の記載内容まで、逐一、大久保被告や小沢氏に報告、了承を得ていた可能性が高いとみている。

 大久保被告は特捜部に対し、「収支報告書は見ていない」と、記載内容への関与を否定しているという。

 特捜部は小沢氏に要請中の任意の事情聴取で土地購入を巡る経緯について、説明を求めると見られる。

橋下知事提案「大阪版・事業仕分け」スタート(読売新聞)
火災 飲食店など13棟焼ける 1人けが 東京(毎日新聞)
小沢幹事長、民主党代議士会に出席も無言(産経新聞)
<公設派遣村>入所者111人が所在不明…東京都(毎日新聞)
ウナギ偽装「魚秀」が所得隠し、工作費1億2千万(読売新聞)

菅家さんの録音テープ、報道陣への配布見送り(読売新聞)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)に無罪を言い渡す再審の公判で、菅家さんの弁護団は法廷でテープが再生された後、報道機関にテープの複製を配布する考えを示していたが、21日の開廷前、配布を見送ると表明した。

 佐藤正信裁判長は開廷の際、「弁護団による今回の配布は、刑事訴訟法で禁じた開示証拠の目的外使用にあたるので、差し控えるべき」と指摘した。

千葉県警刑事1課長が美少女フィギュア万引き(読売新聞)
<小沢幹事長>厳戒体制のなか長崎で集会に出席(毎日新聞)
「コンクリから人」不適切…土木学会など批判(読売新聞)
小沢氏進退、世論見守る=渡部氏(時事通信)
将棋 久保が三間飛車 王将戦第1局(毎日新聞)

落語協会 柳家小三治さんが次期会長に内定(毎日新聞)

 落語協会(鈴々舎=れいれいしゃ=馬風会長)は21日、東京都内で理事会を開き、柳家小三治さん(70)を次期会長に内定した。

 3月の総会で正式決定する。任期は6月から2年間。

 小三治さんは59年、五代目柳家小さんに入門。69年、真打ちに昇進し、十代目小三治を襲名した。

 古典落語の第一人者で、これまでに芸術選奨文部科学大臣賞、紫綬褒章などを受けている。オートバイやスキーなど、多趣味でも知られる。

 落語協会では理事を務めていた。

<センター試験>インフル対策万全? 予備校、会場ピリピリ(毎日新聞)
<掘り出しニュース>五輪フィギュア上位、サッカーW杯も活躍 岐阜の神社で粥占い(毎日新聞)
検察批判会合への政務官出席で官房長官が口頭注意「不適切」(産経新聞)
インフル患者減少、7週連続=子供で増加傾向−感染研(時事通信)
iPS細胞の誕生過程撮影=メカニズム解明に前進−作成効率向上へ貢献期待・放医研(時事通信)

「真価問われる」民主・輿石氏が結束呼びかけ(読売新聞)

 民主党の輿石東参院議員会長は18日午前の参院議員総会で、小沢幹事長の資金管理団体の土地購入を巡って石川知裕衆院議員らが逮捕されたことについて、「民主党の真価が問われている。16日の党大会での鳩山首相や小沢幹事長の決意と覚悟を私たち一人一人の覚悟に置き換え、この難局を一糸乱れず結束し、政権公約の実現を果たすことが国民に対する使命だ」と述べ、党内の結束を呼びかけた。

 社民党党首の福島消費者相は両院議員総会で「政治とカネの問題についても、改革を含めてきちんとやっていこう」と強調した。

「小沢氏はきちんと説明を」=議員逮捕に驚く通行人(時事通信)
<自民党>政策集団「のぞみ」発足 山本元金融担当相ら5人(毎日新聞)
陸山会「損出る不動産購入」5件、預金担保に融資(読売新聞)
大久保被告を逮捕へ=岩手の自宅から同行−東京地検(時事通信)
不正通行容疑 ETCすり抜け460回 男を逮捕(毎日新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。